ステカ、クラフトロボ、シルエットカメオ用の国内最大級カッティングシート専門店。ラメ、反射、蛍光、蓄光など25タイプ計300色を取り扱い

「貼ったステッカーの上にウレタンクリアを吹いても問題ありませんか」
というお問い合わせをよく頂きます。

一応、弊社からは
「耐薬品性にすぐれたORACAL551以上の上位シートを用いてください」
「2液の配合ミスなどで変質する場合があります。説明書をよく読んで施工してください」
「必ず目立たないところでテストしてから施工してください」
と答えます。
これが教科書通りの回答になります。
塩ビのマーキングフィルム全般にいえることですが、ORACALなど大手メーカーは大丈夫でも
ノーブランドの格安シートはエッジが立ったり色が抜けるなどしてトラブルが絶えないのも事実です。

そうは言っても2液タイプはそう簡単にテストできません。
それに缶スプレータイプだと12時間以内に使用しないとダメになってしまいます。
テストのために1本無駄にするのも現実的ではありません。

そこで代表的な3種類の2液タイプウレタンクリアを用いて塗布テストしてみます。
あくまでシートの劣変テストですので、磨き作業などの仕上げはしません。

今回はこの3種類でテストします。

一般的なホームセンターで売っているアルミ板にORACALの代表的なシートを貼っていきます。



今回はORACAL641、651、551、751C、951、970RAの6種類を用います。


しるしを付けて準備が出来ました。


それではそれぞれ塗布していきます。



それでは72時間かけて乾燥させます。


結論を先に述べるとORACAL641〜970ラッピングキャストまで、
つまりEconomyタイプから最上位シートまで全く問題ありませんでした
ただすべての結果を保障する物ではありません。
気温室温や下地の状況などで結果が変わることもあるのであくまで参考に
とどめてください。
特に乾燥時間などは充分長く取ってください。
それではそれぞれ乾燥後の状態を確認していきます


Holts ウレタンクリア



くりかえしますが、仕上げはしません
(本当はこのあと、2000番のペーパーサンドで削ってコンパウンドで磨きます)



イサム塗料 エアウレタン





関西ペイント レタンPGクリアー510








 

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
土日祝日はお休みを頂いております。 営業時間  (月)〜(金)13:00まで
Mobile Shop
QR