ステカ、クラフトロボ、シルエットカメオ用の国内最大級カッティングシート専門店。ラメ、反射、蛍光、蓄光など20タイプ計260色を取り扱い

2017年8月下旬に発売予定の水性インクジェット用メディア
 「ORAJET1917」白マット塩ビマーキングフィルム
 「ORAJET1902」白フォトマット紙(糊無し)
の屋外実証試験を行っています。

発売開始までいましばらくお付き合いください。

プリント結果【7月13日(木)】 
1917白マット塩ビにプリント。
左がEPSONの大判プリント可能なプロユース機で印刷(顔料インク)

右が一般的な家庭用プリンターで印刷したものです。







マグネットシートに貼付【7月13日(木)】
弊社のデモ機EPSON EP-879AB(6色染料)でプリントした物をマグネットシートで貼り付けました。
マグネット貼り付け後これを車に貼って経過を観察します。
白い線半分は「ORAGUARD200」でラミ掛しています。
右半分はあえてノーガードで。




1902のプリント結果【7月13日(木)】
こちらは糊が付いていないORAJET1902のプリント結果です。
おもに業務用のフォトマット紙として使用されます。

ラミ有り無し1902は紙ベースで厚みがあるのでラミネーションフィルムは極薄の「ORAGUARD290」を使用しています。
貼付施工後は色が立ちます。
屋外試験中本来ORAJET1902は屋内用のため耐候性の仕様になっていませんが、ラミをかけて試験してみます。











 
右から写真を撮っています【7月16日(日)】
札幌は朝方弱い雨が降り初め日中に掛けて一時強雨になりました。
左から
ラミ部分に損傷がないのは当たり前ですが、ノーガード部分目立った損傷は見られません。
 表面に水分を吸い込んだ感はありますが、にじんだ感じはありませんでした。

問題は乾いてからなので今後報告をお待ちください


拡大 ※補足です。
 ラミ無し側に空気が入っていますが、これはアウトガスではありません。
 私がマグネットシートに貼るときに失敗したのです。
何事も急いで雑に行うとロクな事はありません・・・
 





 
糊付きでした!【7月21日(木)】
重要な訂正です。
ORAJET1902を「フォトマット紙」と記載しましたが「糊付きフォト紙」でした。
つまり印刷できる紙シールです。
ややこしくて申し訳ありません。
1902は表面本体共に紙ベースの屋内用メディアです。
1917は塩ビの屋外用メディアになります。
ともに強粘着糊付きです。
改めて訂正いたします。


1902一週間後全体【7月22日(土)】
北海道はよく「梅雨がない」といわれますが道民はこの時期に連続して降る雨を「蝦夷梅雨」とよんでいます。
この一週間で強い雨と強い日差しにさらされ良いテスト日和となりました。
 紙シールということが判明したORAJET1902の状況からです。
全体的に色落ちはありません
ただラミ施工側にちと問題が発生しました。

エッジ処理なし本来ラミネーション施工後にエッジ処理をしないとフチから雨水などが浸みてにじむことがあります。
左の写真のようになります。
 方法としてはペン型のクリアウレタンでフチをなぞる、
「エッジシーリングペン」
などがあります。
 もしくはオーバーラミでメディア本体を外気にさらさない方法が面倒が少なくて良いです。



問題なしラミなし部分については特に変化ありません。
むしろそろそろ色落ちしてくれないとラミが売れなくなるのではないかと不安です。
2日ほどの降雨にも耐えて、上々の滑り出しです。


0716全体【7月22日(土)】
ORAJET1917(塩ビマーキング)についても今のところ変わった様子はありません。

1917拡大
右拡大
 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
土日祝日はお休みを頂いております。 営業時間  (月)〜(金)13:00まで
Mobile Shop
QR